COLUMN業績アップノウハウ

実行力が高い会社のマネージャーの働き方(2/4)


組織体制構築

 

はじめに

店長とマネージャーのレベルで店舗実績が変わる理由

>>『実行力が高い会社のマネージャーの働き方(1/4)』へ

マネージャー・店長に向いていない人

まず、大前提として、管理職に向いていない人はどのような人かをお話しします。

 

結論からいうと、「人から嫌われたくない」人は、管理職に向きません。
なぜなら、業務面でいうと、管理職は人から嫌われる仕事だからです。

 

「人から嫌われる仕事」というと、ガッカリされるかもしれませんので、もう少し詳しくいうと、
「強く指示するから嫌われるものの、成果が出て、それを社員に還元させられると、強烈な信者が生まれる仕事」です。

 

つまり、最初は嫌われるけど、成果が出ればファンができる仕事なのです。

 

「人から嫌われたくない」ように動く人は、結果的に自分主導で何も成し遂げようとしません。

よって、組織を成長させられない人であるため、そういった人は管理職には向きません。

 

裏を返せば、「言うことはキツくても、成果を出せる人」は管理職に向いています。
キツイだけだと問題ですが、成果が出せれば、その成果をもって部下を褒めることができるので、信者は増えていきます。

 

よって、多少厳しくとも、強く指示できることが、管理職には必要な能力といえます。

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP