COLUMN業績アップノウハウ

なぜ人が辞めるのか(3/4)


評価・報酬制度

 

はじめに

人が辞める本質的な理由

>>『なぜ人が辞めるのか(1/4)』へ

人が辞めることとビジネスへの影響

データで見る退職理由

>>『なぜ人が辞めるのか(2/4)』へ

「人間関係の悪さ」で人は辞める

前述のとおり、人間関係が悪いという理由は25%と4分の1を占めるメジャーな理由です。

 

人間関係の悪化は大きく以下2つから生じます。

①悪口をいう

②無視する

 

まず、「①悪口をいう」ですが、これはいうまでもなく良くないことであることはご承知のとおりです。
悪口は、どこからかのルートで必ず本人の耳に入ります。

 

悪口を言われた人が「僕の悪口言ってるんだよな?」なんて、悪口を言っているとされる人に事実確認をすることはあまり起こりませんから、悪口を言われた人は、コミュニケーションを取らないようになってきます。

 

よって、悪口と思われるようなことを言っている人がいれば、必ず止めさせてください。

 

次に「②無視する」ですが、何もイジメのような無視だけではありません。

実は知らず知らずのうちに無視していることもあるのです。

 

例えば、以下のような事項です。
✓ 互いに挨拶をする文化が弱い
✓ 背景・目的を伝えずに手順だけを指示する

 

前述しましたが、「自分に居場所がないと感じる」ことで退職への道を歩みます。

「おはよう!」
「ありがとう!」

といった挨拶は、「あなたのことを認識しているよ、存在を認めているよ」というメッセージなのです。

 

幼稚園から教わる基礎的なことですが、このような細かなことから人間関係が悪化していくのです。

 

また、「背景・目的を伝えずに手順だけを指示する」ということは、「あなたは目的や理由など考える必要はない」と、意見を無視していることと同義です。

指示待ち人間が増えるだけでなく、退職者数も増える要因になります。

 

「将来が見えない」で人は辞める

「この会社にいても自分の将来が見えない」

 

これも大きな退職要因です。

これは、人事制度による問題が大きいのです。

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP