COLUMN業績アップノウハウ

なぜ人が辞めるのか(1/4)


評価・報酬制度

 

はじめに

「うちは人が定着しない」

「年間通じて人員不足に悩んでいる」

携帯販売代理店業界において、上記悩みは少なくありません。

年間の離職率(退職者数÷社員数)が30%を超える企業も、この業界においては珍しくありません。

 

離職率が30%ということは、計算上3年あまりで全社員が入れ替わる計算です。

 

人が辞めること自体は悪いことではありません。

なぜなら、自社にマッチングしていない人や、何か問題がある人を置いておくことは、会社にとっても本人にとっても良いことではないからです。

 

しかし、辞めてほしくない人が辞めていくことについては、大きな経営課題になり得ることでしょう。

 

弊社のクライアントにおいても、業績が伸び続ける会社については人が辞めません。

 

離職率は10%程度にとどまっており、人が定着し、人が成長を続け、業績を伸ばし続けています。

「辞める会社」と「辞めない会社」は何が違うのでしょうか。

 

人が辞める本質的な理由

人が辞める本質的な理由は、以下2つに集約されます。

① 自分がいるべき場所でないと思う

② 自分の居場所がないと感じる

ことです。

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP