COLUMN業績アップノウハウ

個人目標を立てなければならない理由(1/2)


数値意識向上

 

個人目標がないとどうなるか

個人目標を設けていない携帯ショップは多く存在します。

 

なぜなら、キャリアから与えられる目標は、「代理店目標」と「店舗目標」だからです。
そのため、店舗の目標を持っていても、個人にまで目標を定める会社は多くありません

 

しかし、個人目標がなければ、個々スタッフの数値意識を上げるのは難しいでしょう。
もちろん、不可能とは言いませんが、意識を上げる難易度はかなり高くなります。
(強烈なリーダーシップを持つ店長がいれば、可能になります。しかし、そういった店長を育てるのは至難の業です。)

 

「店舗の目標に想いを馳せ、全力で追いなさい」といっても、現場のスタッフからすれば「自分事」ではありません。

 

「地球環境を考えて、エアコンを使うな!」と言っても、別の人が何も考えずに使っていたら、それに流されてしまうのが人の性。
人間は、「自分のこと」ならば頑張ろうとしますが、「みんなのため」になってしまうと、他人事と捉える人が出てきてしまうのです。

 

つまり、店舗の目標が達成されなくても、「自分の給料が下がるわけでもないし、自分だけが叱られるわけでもない」となるのです。

 

簡単1分! 無料会員登録

PAGETOP